アロマの館
トップページ >> 精油・ハーブ効果一覧表 >> アロマオイル【シナモン】
 

シナモン

   
 
●香りの系統:スパイス系
●ノート:ベース
●科名:クスノキ科
 
 

香りの特徴

スパイシーで甘味のある濃厚な香り
 
  アロマオイル(精油)の特徴
 

 シトロネラのアロマオイル(精油)は、レモンのような柑橘系の香りがします。高級アロマオイル(精油)として知られるメリッサ(レモンバーム)にも香りが似ています。

 シトロネラの香りは昆虫を寄せつけず、衣類やペットなどにつく害虫を防いでくれます。その効果は歴然としていて、夏場にはシトロネラのアロマオイル(精油)の需要が高くなるのも納得できます。水と精油1,2敵を混ぜスプレーにして天然の虫除け剤や蜜蝋を使い虫除けクリームを作るなどして様々な方法で害虫から身を守ってくれます。

  科学薬品を使用せず天然のものなので、小さいお子さんがいる家庭でも安心して利用する事ができます。蚊を避けてくれる外にも、コットンなどの布にアロマオイル(精油)を染み込ませ、洋服ダンスに入れておけば、衣類に害虫を寄せつけず虫食いを防いでくれます。

 心身に対しては、心地よい柑橘系の香りが神経を刺激し、気持ちをリフレッシュしてくれて、明るく前向きにしてくれます。またリウマチ、関節炎、筋肉の炎症の痛みを鎮め、足のむくみを取り除いてくれる効果もあります。デオドラント効果にも優れているので、汗をかいた後にフットマッサージや足浴をすれば臭いを消してくれるだけでなく疲れた足をリフレッシュしてくれます。

 
  植物の特徴
 

 熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹です。樹皮はロール状のものと短冊状のものがある。葉は大きく葉脈がくっきりとしており、光沢があるので観葉植物としても人気があります。
樹皮を乾燥させたものがシナモンスティックとして多く出回っています。

 
  雑学
 

 シナモンは古代エジプトでミイラの防腐剤として使用されていました。 儀礼にも度々に使われていました。旧約聖書や古代ギリシアの有名な詩人サッポーの詩にも、シナモンがすでに使われていたそうです。香辛料としてのシナモンは砂糖との相性が抜群に良く幅広いお菓子に利用されています。

 
 



Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館