アロマの館
トップページ >> 精油・ハーブ効果一覧表 >> アロマオイル【スイートオレンジ】
 

スイートオレンジ

   
 
●香りの系統:柑橘系
●ノート:トップ
●科名:ミカン科
 
 

香りの特徴

甘くてフレッシュな香り
 
  アロマオイル(精油)の特徴
 

 スイートオレンジのアロマオイル(精油)は、柑橘系特有の甘くてフレッシュな香りがします。香りが良い為アロマオイル(精油)の中でもとても人気があります。アロマオイル(精油)の香りは人によっては好き嫌いがはっきりと分れますが、スイートオレンジの香りは万人に好まれるので、贈り物としても大変喜ばれます。

 スイートオレンジの利用方としては、なんといっても芳香浴が一番ではないでしょうか?
柑橘系の香りを部屋に漂わせれば、心に安らぎと幸せを与えてくれてとても優しい気持ちになります。不安な事や悩みを抱えている時には特に効果が高く、物事を良い方向へと導いてくれるような気持ちになります。
 
 当然の事だとは思いますが、この素敵な香りはリラックス効果も高いため、眠れない時などにアロマライトやオイルウォーマーなどで香りを楽しめば、ぐっすりと眠る事ができます。ラベンダーやカモミールと並んでよく使われます。

 それでもどうしても眠れないという方は寝る前にアロマバスを試してみるとよいです。スイートオレンジのオイルを湯船に3〜5滴落として、ゆっくりとお湯に疲れば、心身ともにリラックスさせてくれます。ラベンダーやマージョラムとブレンドすれば、相性抜群なので様々な相乗効果が期待できます。

 またオイルを薄めて腹部をマッサージすれば、食欲不振、便秘、消化不良にも有効です。収れん作用もあるので、キャリアオイルやクリームとブレンドしてフレイシャルマッサージに利用する方も多いようです。

 柑橘系ですが、スイートオレンジには光毒性はないので使用後日光に当たっても平気です。しかし、同じオレンジでもビターオレンジは刺激が強く、光毒性があるので注意しましよう。

 
  植物の特徴
 

 オレンジの原産地は中国、インドです。現在では地中海地方や南米などでも盛んに栽培されています。 高さ4〜10mの高木で、なんともいえない素敵な香りを放つ白い花が咲き、その後あの甘くてフレッシュな果実を実らせます。

 オレンジには、スイートオレンジとビターオレンジという2つの種類がありますがアロマオイルとして使用するのは専らスイートオレンジの方です。面白い事にビターオレンジの花からはネロリ、葉からはプチグレンのオイルが採れます。

 
  雑学
 

 アラビア語の「ナランジ」が語源だそうです。オレンジは「無垢」「多産」を象徴するものとされてきました。ギリシア神話の中では、女神アフロディーにささげられた黄金のリンゴの正体が、実はオレンジだったと言われています。

 
 



Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館