アロマの館
トップページ >> 精油・ハーブ効果一覧表 >> アロマオイル【バーチ】
 

バーチ

   
 
●香りの系統:樹木系
●ノート:トップ
●科名:カバノキ科
 
 

香りの特徴

メントールのような香り
 
  アロマオイル(精油)の特徴
 

 精油の成分95%はメチルサルチル酸の為、筋肉の腫れや痛みなど和らげたる作用があります。また血液の循環を高めてくれる作用もあるので、リウマチや関節炎を治療するのに使用されてきました。
  とにかく痛みを抑えるといったらこの精油の右に出るものはなく、あらゆる筋肉関連の痛みに効き、さらには肩こりや腱鞘炎なども改善してくれます。
  温湿布や冷湿布にして使用される事が多いようです。またバーチの精油は育毛効果もあるので、シャンプーにして使用すると抜け毛対策になります。

 しかしメチルサリチル酸が主成分のため経皮吸収や、経口摂取により中毒を起こす場合があるので使用には注意が必要です。

 
  植物の特徴
 

 バーチは樺の木の一種で、北半球の温帯を中心に育成しています。樹皮は灰色をしており、春には樹液が採取され、強壮剤としアメリカでは好んで飲用されています。

 
  雑学
 

 香りにの成分であるメチルサルチル酸は筋肉関連の湿布に必ずといっていいほど使用されている為、湿布薬と大変似たような匂いがします。

 
 



Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館