アロマの館
トップページ >> 精油・ハーブ効果一覧表 >> アロマオイル【ライム】
 

ライム

   
 
●香りの系統:柑橘系
●ノート:トップ
●科名:ミカン科
 
 

香りの特徴

さわやかで甘い香り
 
  アロマオイル(精油)の特徴
 

 ライムの精油は柑橘系独特のさわやかな香りで、精神疲労や落ち込んだ気持ちを回復してくれて、前向きな気持ちにしてくれます。

  不安な時や孤独な時に勇気をつけてくれるとても頼りになる精油です。勉強部屋の香りとすれば、終始リラックスして勉強できるどころか集中力も高めてくれるのでたいへんお勧めです。

  柑橘系の精油であるライムにももちろん消化不良を改善したり、食欲を増進させてくれる効果があります。また免疫を高めてくれるので、熱や風邪、炎症の予防にも最適です。ライムの香りは柑橘系の中でも苦味があり、この苦味が脳を刺激してより高いリラックス効果をもたらします。

 
  植物の特徴
 

 ライムはの原産とは南アジア地方です。ライムの木はだいたい2mくらいの高さにまで成長し、直径5センチくらいの緑色の果実(ライムの実)を実らせます。現在ではキューバやメキシコ、ヨーロッパではイタリアで盛んに栽培されています。

 
  雑学
 

 ライムはムーア人によりアジアからヨーロッパに伝わり、16世紀ごろスペイン人やポルトガル人によってアメリカ大陸にも広まりました。ライムはビタミンC不足により引き起こされる壊血病を予防するための食品として航海には欠かせないものとして大変重宝されていました。

  それゆえライムジューサーと呼ばれるライムを専門に運搬する船さえありました。現在では飲み物の香り付けや香水にもたくさん利用されています。

 
 



Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館