アロマの館
トップページ >> 精油・ハーブ効果一覧表 >> アロマオイル【レモングラス】
 

レモングラス

   
 
●香りの系統:柑橘系
●ノート:トップ
●科名:イネ科
 
 

香りの特徴

レモンのようなフレッシュな香り
 
  アロマオイル(精油)の特徴
 

 レモングラスの精油はレモンに似たフレッシュな香りで若干甘みがあるとても素敵香りです。デオドラント効果に優れており。部屋の中の嫌な匂いを消すのに効果的です。しつこい匂いやタバコの臭いを消したい場合には殺菌効果の高いユーカリの精油とブレンドしてアロマランプなどで香らせれば、ビックリするくらい臭いを消しさってくれます。

 また柑橘系の精油なためリラックス効果に優れており、気持ちを落ち着かせたいときや寝るときにも最適の精油です。

  その他にも風邪や熱、筋肉痛などにも作用するのでアロマバスやアロママッサージなどにも使えます。また殺菌作用にも定評がありニキビや水虫にも効果があるので、足浴やフレイシャルスチームなどで簡単にお肌のケアを行うことができます。

 肌に対する刺激が強めの為アロマバスや足浴を行う場合は濃度を薄めにして使うようにしましょう。柑橘系に分類されるレモングラスですが、植物学的にはイネ科の植物なので、光毒性はありませんので、使用後でも安心して外に出ることができるのもうれしい点です。

 
  植物の特徴
 

 レモングラスにはスリランカが原産のウエストインディアン レモングラスと、東インドが原産のイーストインディアン レモングラスがあります。ウエストインディアン レモングラスがイーストインディアン レモングラスに比べると香りが濃厚で、品質も勝っています。両者ともアロマテラピーでは柑橘系に分類されていますが、イネ科の植物です。

 食用のハーブとしても人気が高いためアフリカや中国、アメリカ、ブラジルなどの世界中で栽培されています。
 約50kgのレモングラスの葉から約1kgの精油を採ることができます。

 
  雑学
 

 レモングラスは古くから様々な病状に用いられおり、特にインドでは数千年も前から感染症や熱病の治療に使われてきました。

 インドではレモングラスのことを別名「チューマナ・プールー」(赤い茎という意味)と呼んでいます。食用ハーブやハーブティーとしての需要も高く、その香りのすばらしさから香水などにも使われています。

 
 



Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館