アロマの館
トップページ >> 初心者の方はこちら >>精油の抽出方法
 

精油(アロマオイル)の抽出方法

 精油(アロマオイル)は、植物の花びらや葉、茎、果皮などのあらゆる部位から抽出することがでます。精油は大変デリケートなため、精油の性質に合わせて抽出方法が異なります。

 精油を抽出する工程にはたくさんの時間と手間を要する為、大量には生産できません。現在よく使われているのは以下の三種類の抽出方法です。

●水蒸気蒸留法
 現在最も多く使われている抽出方法です。精油の植物原料を蒸留釜に入れて、下から水蒸気をあてます。すると植物の有効成分が水やほかの物質と一緒に蒸発します。この気化した蒸気を冷却すると、有効成分は精油に、蒸気は芳香蒸留水になります。このときできる蒸留水はフローラルウォーターとして利用されます。この方法はアラブ人によって10世紀の終わり頃に発明されたそうです。

●圧搾法
 グレープフルーツレモンなどのように、果実の皮から精油を抽出する際に利用される方法です。果皮と果実を分離し、果皮を搾ると芳香油と果汁がとれるのでそのまま放置します。しばらくすると果汁の上に分離した精油が取れます。オレンジなどは熟れすぎる前に収穫しておいて果皮だけをつぶします。

●冷浸法(アンフルラージュ)
 ジャスミンローズなど、花びらから精油を抽出する場合に使います。動物性油脂を塗った板に花びらを広げて乗せて、香りの成分を吸収させ、芳香成分だけを取り出す方法です。特殊な抽出方法でコストもかかります。

 

 

 

fffffF

Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館