アロマの館
トップページ >> 初心者の方はこちら >> 精油の基礎知識
 

精油の基礎知識

  精油(エッセンシャルオイル)とは芳香植物(ハーブ)がもつ有効成分が凝縮された天然の液体をいいます。水には溶けず、アルコールやオイル類に溶ける特徴があります。
  天然純度100%のものだけを精油(エッセンシャルオイル)と呼び、植物の香りに似せた人工物とは全く異なります。人工的に香りを付けされた物がアロマオイルやアロマキャンドルとして売られていますが、天然純度100%の精油を使用してない限りアロマテラピーとしての効果は期待できません。期待できないどころか心身に悪影響を及ぼす事もあるので注意しましょう。

 また天然純度100%の精油であっても品質やグレードがたくさんあるので、慎重に選ぶ事が大切です。もともと精油はアロマテラピーの為に生産されたものではなく、工業用原料として生産されているのです。しかも驚く事に全世界の精油の消費量が生産量に比べて2倍以上もあるのです。

  簡単に言うと天然純度100%の精油になんらかの合成物質を混ぜたものが多く生産されているということです。ひどいものになると化学物質が混じっている場合もあります。しかもそういったものが精油として普通に販売されており、香りも非常に天然純度100%の精油に近い為、見分ける事がとても困難です。販売している側も気づかないで販売していることが多いです。精油は信頼のある所で手に入れるようにしましょう。当然ですが、偽物の精油を利用してもアロマテラピーの効果はありません。

精油は(エッセンシャルオイル)は様々な症状に有効ですが、病気を治す薬ではありません。心身の状態に異常がある場合は医師の診断を受けてください。あくまでも香りを楽しみ、健康維持や予防医学として利用するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 



Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館