アロマの館
トップページ >> 初心者の方はこちら >> 精油の保存方法
 

精油の保存方法

 天然純度100%の精油には防腐剤や酸化防止剤はもちろん入ってないので、開封後に不適切な場所で保存すると品質が劣化します。精油を保存する際には以下の事に注意しましょう。

1. 使用後はしっかりとふたを閉める事
 ふたの閉め方が甘いと、隙間から空気が入り精油の酸化を進めてしまします。とても重要な事ですが以外と知らない人が多いので注意しましょう。

 アロマショップなどにある試香用のサンプルはふたがしっかりと閉められていない場合が多くほとんどの場合香りが劣化しています。香りが合わないと思う精油であっても酸化して香りが劣化していて本来の香りとは異なっている場合があるので注意しましょう。
2. 冷暗所に保管する事
 精油(エッセンシャルオイル)は高温や紫外線の強いところに置いておくと劣化してしまいます。精油(エッセンシャルオイル)を保存する箱などを用意してその中に保存するのがよいでしょう。精油を保存するのにもっとも適した温度は5〜10℃の間が理想的です。

  夏場に冷蔵庫で保存する方もいるかもしれませんが、精油を冷蔵庫から取り出した際の急激な温度変化により精油の品質を劣化させかねないのと、結露(ビンの表面に水滴が発生する現象)が発生し湿気の原因になりかねないのであまりお勧めできません。冷蔵庫を使用する場合は結露に注意して頻繁に取り出しせず使用したらすぐに戻すようにしましょう。
3. 湿気のある所には放置しない事
 精油(エッセンシャルオイル)は湿気に弱いので、脱衣所やバスルームには放置しないようにしましょう。湿気によって品質の劣化を早めてしまい不快な香りになってしまいます。
4.一度開封したら半年〜1年以内に使い切る事

 柑橘系の精油(スイートオレンジグレープフルーツレモンベルガモットマンダリンゆずライムは開封後は半年以内で使い切る様にしましょう。これら以外の精油は1年以内に使い切るようにしましょう。



Copyright:アロマオイルヒーリング All Rights Reserved / お問い合わせ / 免責事項
アロマの館